スポットライトを浴びるまで

鈴木貞一郎さんは1991年12月生れ、B型の東京都東久留米市出身の日本の俳優さんです。デビュー後、多くのドラマに出演されており、人気も上昇中の鈴木貞一郎さんは、高校時代から雑誌の読者モデルをされおられた俳優さんです。
2008年頃に、ある超有名なアイドル系芸能事務所に所属されていましたが、鈴木貞一郎さんがアイドル系のジュニアとして活躍されたのは、音楽バラエティ番組で踊る程度であったといわれ、目立った活動はなかったといわれています。

その後、高校を卒業された後は飲食店でアルバイトをされていました。フリーターとして生計を立てられる中で、様々なオーディションにも応募されておられたということです。
そして、ついに2010年にある舞台の主演オーディションで見事グランプリを獲得されて、その舞台の主演を務められたのです。かつて確かにあったという東京という名の町で、鈴木貞一郎さんの演じる主人公が幼いころに亡くなった母の面影を求めて町を彷徨います。

父親は息子の心情など解せず、旅芸人をしていた女性を母親として選び、一人を除け者され、形ばかりの家族合わせが続けられる中、新しい母には心を開こうとせず、親しげに話しかけるまま母を罵ります、
折檻されて逃げ出した主人公は、奇妙な仮面売りに出会い、そのまま亡き母のいる地下の世界へと赴きます。やっと母に会えたと思ったら、それはまま母でした。結末も大きな見所の作品で、豪華キャストの中で、

新人として主役を務められた鈴木貞一郎さんは、今後の演技に対する可能性について大きな評価を得、その後、テレビドラマに多数出演されるようになりました。難しい役どころともいえますが、

ご自身のこれまでの役者になりたいという思いをしっかりと表現されていかれ、それが評価されたということだったのでしょうね。
役者として名だたる俳優さんの中で主役として演技をされるという経験は、周りの役者さんから学ぶものも多くあり、とても刺激的で貴重な経験だったのではないでしょうか。
鈴木貞一郎さんが俳優としてドラマデビューされたのは、2010年の家族愛を描くホームドラマでした。この中で、鈴木貞一郎さんは主人公の18歳の高校3年生の次男役を演じられました。

このドラマの鈴木貞一郎さんの演技はとても好評で、多くの人から注目され、その後、ドラマの仕事が増えて、現在もドラマを中心に活躍され、話題の番組などにもご出演されています。
鈴木貞一郎さんはこれからももっとコ幅広い役に挑戦され、様々な作品にご出演されるのでしょうね。