俳優としてのスタート

鈴木貞一郎は、デビュー当時は、俳優として活躍することを夢見ていたそうで、舞台俳優として活躍し、そして経験を積んでいたようです。その後、無事に今の芸能事務所に所属することができたそうです。
芸能事務所に所属することができたのが、今から3年前の2013年の4月のことです。このため、まだデビューしてから数年というキャリアの持ち主です。
芸能事務所に所属することができた時には、現在も継続しているブログを開設しています。

当時の俳優、鈴木貞一郎は、Be withプロデュースである舞台に、出演をしていました。この舞台出演は、その後の自身の活動にあたっての大きな実績の礎となったようです。

その舞台の様子の画像や写真などは、2013年の4月にスタートとしたブログによって確認することができます。
過去のブログ記事を見ていても、キャッチコピーとしては、鈴木貞一郎の準という字に、人と書くと「集まる」という字になるため、人が集まる、魅力的な人間になるぞ、という気持ちで、舞台俳優の仕事を行っていたそうです。
このため周囲に慕われ、お仕事関係の繋がりなどを持つことができたように思えますね。交友を深めてきたようです。

デビュー当時は、舞台の早起きに慣れずに、睡眠をしっかりととるように心がけていたとのことです。またブログに掲載するために、自撮りを撮るのですが、自撮りに慣れていない様子もうかがえます。
初の舞台は大成功したということで、これからも舞台や、映画の仕事で活躍したい、と思えるようになったそうで、積極的に舞台の観覧を行ったり、映画や音楽会、ライブなどの鑑賞をしていたようです。

その後は、劇団プロデュースによる舞台を行い、順調に舞台俳優としてのキャリアを積んでいったようですね。
また、キャストの方と親交を深めているようで、温泉に行ったり、遊びに行ったり、観劇をしたりなど、さまざまなことをして、自らの勉強をしていたようです。
舞台活動を基点として大きく活動の輪を広げて行き、自身の仕事だけではなくて充実したライフスタイルを築いています。
仕事と私生活を割り切りすぎず、分け隔てない交流づくり、人間関係を厭わない性格が成長の鍵となっています。

舞台の稽古やら、さまざまなことで努力をし、その後も舞台に出続け、映画のお仕事など、俳優としての仕事も徐々に増えてきたようです。
デビュー当時は、舞台のお仕事が中心だったそうですが、最近では、本格的なミュージカル俳優、また映画俳優としても活躍しているようで、舞台での経験を積んだことで、デビューのころから、徐々に売れっ子になっていったようです。
観劇をしたり、舞台への情熱や努力によってここまで来たのだなと思われます。