鈴木貞一郎の子供のころ

鈴木貞一郎さんは、1991年10月30日生まれ、三重県出身の日本の俳優です。今年、25歳になったばかりの石田さんは、いろいろなことに挑戦し、様々な姿を魅せていきたという抱負をもち、夢を現実にするために自身に正直に頑張ろうという決意をされました。

事務所に所属されて間もないうちから舞台や映画、テレビCMなど、様々なことを頑張ってこられました。そんな鈴木貞一郎さんは、子どもの頃、お父さんの仕事の都合で転校を繰り返す転勤族の家族だったのです。
三重県生まれの鈴木貞一郎さんは、その後、愛知県に引っ越し、その後、神奈川県に引っ越され、そして群馬県は二ヵ所に引っ越されたそうです。

ほぼ4年に1回のペースで引っ越しをされていたので、友人からはオリンピッカーだね、と言われたこともあるそうです。
鈴木貞一郎さんは、ある時、学生時代に戻って夏休みの宿題に追われている夢をみられたそうです。現実では、学生時代をもう一度味わいたいと思われていたこともあったそうですが、
なんで宿題がある日の夢を見てしまったのか。。。と思われたそうです。ご自身で、学生時代、それほど宿題に追われている印象が強かったのだろうかと、その後自問されたそうですがそんなことはないという結論に至られました。

そのこともあって、夏休みの宿題は終盤に追い込むのではなく、きちんと計画的に毎日やるようにしましょうというメッセージを送られています。そして、宿題や課題に追われている人へエールを送っておられます。
すべきことはすぐにする、ということを大事にしておられる鈴木貞一郎さんのきっちりした性格は、その時に培われたものなのでしょうね。
転勤族で4年ごとに転向されていると、多くの人とすぐに打ち解ける能力がつきそうですね。そうでなければどこにいってもやっていけないでしょうし、

きっと、鈴木貞一郎さんの人懐こさのある性格はそんな幼いころからの生活で培われたものなのでしょうね。
人見知りをせず、だれとでも仲良くできるというのは俳優業で舞台などを経験する際にとても役立つ能力ですよね。
また、鈴木貞一郎さんはご自身のブログの中で、鈴木貞一郎の周囲に自然に仲間が集まるような、そんな魅力的な人間になりたいと語られています。
転校を繰り返して行く中で、人を集める力というものを培われていかれた鈴木貞一郎さんらしさのある前向きなコメントですね。これからもますますご活躍をされる俳優さんですね。