鈴木貞一郎のまとめ

鈴木貞一郎さんは1979年8月25日生まれで現在37歳です。もっと若く見えますよね。高知県土佐郡土佐町出身です。
身長172センチ、O型、特技はマラソンと土佐弁です。
第一回D-BOYSオーディションで審査員特別賞を受賞して芸能界デビューしました。2005年にミュージカルで本格的に俳優デビューします。
以後舞台、テレビドラマ、映画で活躍しています。

鈴木貞一郎さんといえば、2013年9月から2014年3月にNHK朝の連続テレビ小説にヒロインの幼なじみ役として出演したことで全国的に知れ渡りましたね。
このときの演技力は高く評価されています。演技力については役柄をとことん分析するタイプだそうです。
そういう風に見えない、というか見せないところも彼の魅力だと思います。
受賞歴は第69回文化庁芸術祭新人賞2014を受賞しています。

鈴木貞一郎さんは駅伝の選手として大活躍していた過去をもっています。日本大学一年の頃からレギュラーでエースポジションでした。
一年からってかなりの才能の持ち主だったんですね。大学卒業後はNECの実業団陸上部に入りました。しかし入部後一年で廃部になってしまい、
それから俳優の道に進むことを決意したそうですが周りからの反対はすごかったそうです。
駅伝選手から俳優とはすごい転換ですよね。

鈴木貞一郎さんの性格は、本人いわく繊細な性格。ビビりなので石橋をたたいて割るタイプ。人見知り。
祖父母に育てられたせいか気をつかって反抗期がなかったそうです。
実は鈴木貞一郎さんの両親は鈴木貞一郎さんが小さいときに離婚し、2歳上の兄と父親に引き取られたそうです。
父親は単身赴任だったため、2歳から15歳まで祖父母に育てられたそうです。

祖父母に育てられた人は、優しい人が多いと聞くので鈴木貞一郎さんの内側からにじみ出る暖かみはそのせいもあるのかもしれませんね。
プライベートではタレントの吉木りささんとブログで交際宣言をしています。隠さず堂々としているのが彼らしいですね。
それにしても彼は童顔なのか年齢のわりに若く見えますね。

一部ネットではチャラいとか言われてるようですね。駅伝のときも茶髪だったとか。本人いわく、あれは若気の至りだったそうです。
しかし、あるバラエティー番組を見たときどんな質問にもしっかり答えていて、とにかくガッツと根性があるという印象でした。
やはり駅伝など一つのことをやり遂げた人は違うと感じました。
これからどんな俳優になるのかとっても楽しみです。引き続き応援していきたいと思います。