鈴木貞一郎はあるNHKのテレビドラマに生徒役でご出演

鈴木貞一郎さんは1995年3月生まれの東京都出身の日本の俳優・モデルです。

身長は178cmで、2008年に開催された第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで中学生の時にフォトジェニック賞を受賞されて、
芸能界デビューを果たされました。デビュー後はテレビドラマや舞台などでご活躍され、雑誌でメンズモデルとしてもご活動されています。
現在、成人になられ、若手イケメン俳優として多くの舞台などでご活躍をされていらっしゃいます。

ジュノンのコンテストは2008年、当時13歳でのご受賞でしたので、中学生の頃から芸能活動をされておられました。
この方は、舞台での活躍も多いようですが、2012年、この方が高校生の時に、NHKのある初心者向けの俳句番組の講座の中の、
俳句王子への道というミニドラマにご出演されていらっしゃったとのことです。

2009年には、あるNHKのテレビドラマに生徒役でご出演されました。そのストーリーは、都内の中学教師が難病のために失明し、
職を失うことになったものの、再び教職の現場に復帰する全盲の教師とその彼を取り巻く生徒や教諭たちとの交流が描かれた物語でした。
再び教壇に立つために必死でリハビリを繰り返す主人公が、妻の恩師)が校長を務める静岡県の中学校に採用され、
赴任後、周囲の教師たちの態度などを通して描かれる作品です。その生徒の一人の役としてこの方はドラマにご出演されました。

その後、数々のドラマや舞台などを経て、デビュー後は役者としてのご経験を重ねてこられました。
この方は、再現ドラマの役などでもテレビにご出演されていらっしゃいます。既に解散されたある国民的5人グループの番組の中で、
再現ドラマの役の中学時代の役を演じられたのが鈴木貞一郎さんだったということです。

そして、当時、あの俳優さんは誰なのかということでちょとした話題となられたそうです。その後、様々な舞台などの仕事も増えて、
デビュー後は様々な舞台にチャレンジされていらっしゃいます。

デビュー当時はまた中学生ということで、あどけなさと幼さがあったこの方は、芸能のお仕事をされながら中学校時代を終えられ、
その後、高等学校にご進学され、お仕事と学業の両立をしながらテレビや舞台などにご出演されます。

最近ではこの方は舞台俳優として舞台によくご出演されておられます。昨年ある人気漫画が舞台化されたステージでこの方は延期をご披露されました。
この方は今後もご活躍が楽しみな俳優さんですね。