鈴木貞一郎は1995年3月13日生まれ

鈴木貞一郎さんは1995年3月13日生まれの日本の俳優・モデルです。
この方は第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでフォトジェニック賞を受賞されたことをきっかけに芸能界デビューをされました。

その当時ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで鈴木貞一郎さんがご披露されたパフォーマンスはソーラン節踊りでした。
小さな13歳のボーイが引きずるくらいの龍ばった法被でソーラン節を踊られるという可愛いさのあるパフォーマンスがとても好評だったそうです。
パフォーマンスのソーラン節踊りの始まりのフレーズのダンスが一番自信あるのか、その繰り返し部分になるたびに生き生きして踊っておられたということでした。

そして、中盤に、疲れのためか踊りがちょっと雑っぽくなったのも、それで盛り返されるのを繰り返しながらパフォーマンスされたそうです。
パフォーマンスを終えて、コメントをされる際も、なぜソーラン節を選んだのか質問された時に、小学校の卒業のときにみんなで踊られたと答えられたそうです。

当時の鈴木貞一郎さんにとっては小学校時代はわりと最近のことだったということで、若さとかわいらしさがあふれる舞台だったということだそうです。
その時、鈴木貞一郎さんに何が一番好きという質問があったそうです。この方は一番好きなのがオムライスと答えられたそうです。

そして、二番目はハンバーグだったそうです。
その後の告白のパフォーマンスは、大人の階段登ってます、というデーまで、裏が赤のチェック柄のジャケットに白トレーナーを召され、観客からもその可愛いらしさに注目が集まったということです。まず、プレゼントをそっと手渡して、ぼく、あなたのサンタクロースになりたいです。

クリスマス、一緒に過ごしてくださいと告白をされたということです。その年のジュノン・スーパーボーイ・コンテストは、ダブり受賞がなく、
審査委員特別賞が2枠だったということで、12人中10人のファイナリストが賞を受賞されたということでした。

たいへん多くの応募者からほんの一握りしか選ばれない人気コンテストのジュノン・スーパーボーイ・コンテストにファイナリストになられて、
フォトジェニック賞をご受賞された鈴木貞一郎さん。当時、幼さなかったこの方も既に成人式を迎えられて、最近では舞台の場にもその活躍の場を広げられ、
俳優としてもご活躍されておられます。これからも様々な舞台などにご出演され、ますますご活躍をしていただきたいですね。