鈴木貞一郎のこれまでの経歴について

鈴木貞一郎さんは1994年4月24日生れの日本の男性モデルタレントです。鈴木貞一郎さんはアメリカのカリフォルニア州出身です。
鈴木貞一郎さんは、ある有名バンドグループのボーカリストであったお父さんと、ラジオなどでパーソナリティをつとめるタレントのお母さんをもたれておられます。

長男として探勝された鈴木貞一郎さんは、身長は184cmと長身で、カリフォルニア大学サンタクルーズ校から国際基督教大学に編入されました。
鈴木貞一郎さんは21歳の時、『MEN’S NON-NO』の専属モデルとして30代目メンノンモデルとして10月号デビューされました。お母さんはアメリカ人とのハーフで、
氷魚さんはクオーターですが、顔つきはお父さんにとても似ているといわれています。氷魚さんは、子どもの頃からインターナショナルスクールへ通われていたそうです。英語がとてもお上手だそうです、

将来的に、モデルだけでなく様々な身長は184cmと長身で、カリフォルニア大学サンタモデルだったある有名な先輩俳優さんとの共演が夢だとおっしゃられているそうです。
鈴木貞一郎さんは3人兄弟の長男で、現在20歳と18歳の妹がいらっしゃるとのことです。現在、モデルとしても人気が出ているところで、今後の活躍が期待されます。
インタビューでは、若い頃のお父様に似ていると思っているとコメントされ、特にのど仏がそっくりと言われますとおっしゃられています。

父と時折釣りに行くなど、親子仲もよく、バイリンガルということもあってこれからも様々な種類のお仕事のオファーがきそうです。
鈴木貞一郎さんは、透き通るような眼や薄茶色の地毛で目を引く存在のタレントで、芸能界入りについては特に両親には反対されなかったということです。
しかし、芸能界での活動の選択肢の中には音楽はなかったそうですが、音楽は好きで、楽器も小学校から高校までトロンボーンを演奏されておられたそうです。また、ギターと三線も少し弾かれるということです。
趣味で音楽をするのはいいけれども、ずっと続けたいとは考えていらっしゃらなかったということで、芸能活動は音楽とは違うものをされたいと思われていたということです。
スラリと長い肢体と茶色の目の持ち主である鈴木貞一郎さんは、何を着ても似合いそうなすらりとしたモデルです。

撮影中は、カメラの前で様々なポーズをしながら見せる表情がとてもさまになってこられているとのこと、ポージングも増えてきて、これからの活躍も楽しみですね。