鈴木貞一郎のプライベート・これまでの道のり

184cmの高身長と茶色く透き通った眼、薄茶色の髪、そんな容姿端麗な鈴木貞一郎さんは、ある有名バンドグループのボーカルを父に持ち、美しいタレントを母に持つ2世タレントです。
昨年デビューされたばかりの鈴木貞一郎さんですが、強い存在感や184㎝の長身のスタイルや端麗な容姿でとてもインパクトのあるタレントです。

鈴木貞一郎さんの氷魚は本名です。氷魚ということばは、琵琶湖に生息している鮎の稚魚のことです。ことばの響きもとてもすてきな名前であると思われる人も多くいらっしゃるでしょう。
鈴木貞一郎さんは卒業後、日本でタレントとして活動をしたいということで、アメリカの大学に在学中から、日本の事務所あてに履歴書を送られたそうです。

そして、芸能事務所に所属し後、3カ月もたたないうちにメンズメンノンのオーディションを勝ち抜かれました。
ご両親が芸能界で活躍なさっていると、2世タレントとか親の七光りといわれる可能性もあるといわれます。しかし、鈴木貞一郎さんは最初にそういわれるのは仕方がないことだけれども、自身に実力があれば、
おそらく徐々にそのようなことはなくなるはずであると考えておられます。そのため、スタートは親の名前や力を少し借りることになるかもしれませんが、
そこから成長し、いつかは一人でやっていけるように努力したいというとても前向きなコメントをされておられます。

鈴木貞一郎さんが芸能界に入ろうと思ったきっかけは、両親が2人とも芸能活動をしておられ、その姿を子どもの頃から見ていたからと語られています。
鈴木貞一郎さんが子供の頃、ご両親は家にいないことが多く、それが嫌だったということだそうですが、中学や高校のころから、
人前でパフォーマンスを行う仕事というのはすごいと思いはじめられたそうで、高校卒業後すぐに芸能界に入ろうと考えられていたそうです。

芸能界に入ることについて、両親に伝えたところ反対は特になかったそうです。そして、最初に母に、ある大手芸能事務所に履歴書を送ることをスカイプでご相談された時にはシンプルに、頑張るよう励まされたということでした。
現在も鈴木貞一郎さんとお父様は仲がいいそうで、時々釣りなどに一緒に行かれるそうです。鈴木貞一郎さんはご両親をとても尊敬されておられて、いつか父と共演できるように頑張りたいという抱負を語っておられます。
私たちも鈴木貞一郎さんが父と共演している姿を見られるようになるのはとても楽しみです。これからますますご活躍されていくのでしょうね。