鈴木貞一郎の幼い頃の様子

ある有名バンドグループのボーカルであった父と、結婚後、育児と両立させながらタレント活動をしてきた母との間に生まれた鈴木貞一郎さんは、そんなお二人のDNAを受け継いで1994年4月24日に誕生されました鈴木貞一郎さんの出身地は
アメリカのカリフォルニア州で、帰国後も幼少期からインターナショナルスクールに通われ、国際的な視野を身につけられました。

子どもの頃は、両親が2人とも芸能活動をされておられたので、その姿を見て大きくなられた鈴木貞一郎さんですが、子供のときは両親が仕事で家にいないことが多かったため、それがすごく嫌だったということです。
だから、絶対に芸能の仕事なんてしたくないと思われていたそうですが、中学や高校くらいからだんだん人前に立つ仕事に魅力を感じられるようになり、徐々に興味を持たれるようになられたということです。

鈴木貞一郎さんは、小学校から高校までトロンボーンをされ、ギターと三線なども弾くことができるそうです。ただ、トロンボーンも始めた時から、趣味ならいいけれどもずっと続けたいとは思われなかったと当時を振り返っておられます。
最初は高校を卒業後に芸能界に入ろうと思われていたそうです。しかし、海外に留学したい気持ちも強く、アメリカに留学してそこから現在の事務所に履歴書を送られたそうです。

アメリカの大学に進学された経緯は、鈴木貞一郎さんが通っていた学校では、卒業後にアメリカかヨーロッパの大学に行くのがスタンダードであったからとおっしゃられています。
インターナショナルスクールで育たれた鈴木貞一郎さんは、学校の先輩が、メジャーリーグで活躍する日本人の通訳や、日本のプロ野球でプレーする外国人選手の通訳をされていたこともあって、通訳に憧れた時期もあるそうです。
カリフォルニア大学サンタクルーズ校に進学後、仕事をするなら日本だと考えられ、国際基督教大学に編入されました。ご自身は日本語よりも英語の方が得意だということで、

日本人より主張をはっきりするといわれる外国人の中で育ったということもあり、どんな質問にもハッキリと返答をされるところがとてもすがすがしさのある方といえますね。
その後、現在の事務所に所属され、メンズノンノのモデルとして2015年9月にデビューされました。鈴木貞一郎さんは30代目の専属メンノンモデルとなられました。

その際、初めてオーディションに合格したのでとてもホッとしているといったコメントをされ、大きな仕事のチャンスをいただけてとても光栄であると抱負を語られています。